1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 後悔、怒り、悲しみ…遺族「反省しているとは到底思えない」

横浜・旧大口病院点滴殺人
後悔、怒り、悲しみ…遺族「反省しているとは到底思えない」

社会 | 神奈川新聞 | 2021年10月23日(土) 05:00

 理不尽に命を奪われた被害者の遺族は意見陳述で久保木愛弓被告に対し、憤りや悲しみの思いをぶつけた。

 「殺人に真摯(しんし)に向き合い、反省しているとは到底思えない」

 男性=当時(88)=の長女は、被告人質問で被告が「覚えていない」と繰り返したことに触れ、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜点滴連続殺人に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング