1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 家族の寄り添い大切 横浜でひきこもり経験者が語るセミナー

家族の寄り添い大切 横浜でひきこもり経験者が語るセミナー

社会 | 神奈川新聞 | 2021年10月16日(土) 20:40

セミナーで自身の引きこもり経験を語る男性(右)=横浜市中区の市開港記念会館

 引きこもりを経験した当事者の思いに耳を傾けるセミナーが16日、横浜市中区の市開港記念会館で開かれた。約7年間の引きこもりを経て、現在は就職している20代の男性が孤立していた当時を回想し、「たとえ親と距離を取ろうとしていたとしても、心の内では安心感を求めているはず」と、家族が寄り添うことの大切さを伝えた。

 セミナーは、市の補助事業としてNPO法人「育て上げネット」が運営する「よこはま東部ユースプラザ(東プラ)」の活動の一環で行われた。東プラでは、引きこもりなどで孤立する若者の居場所づくりを展開しており、セミナーには引きこもりの問題などに直面する関係者らが出席した。

 セミナーで男性は高校1年の秋から不登校になったと明かした。集団行動になじめず、通信制の高校に転校したが、大学入学直後に再び自宅に引きこもった。

社会復帰のきっかけは

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ひきこもりに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング