1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 規制前提に実効性を 相模原市の人権条例巡り市民団体が要請

時代の正体 差別のないまちへ
規制前提に実効性を 相模原市の人権条例巡り市民団体が要請

社会 | 神奈川新聞 | 2021年10月16日(土) 05:00

 相模原市が制定を進める人権条例を巡り、市民団体「反差別相模原市民ネットワーク」は15日、市内で続発するヘイトスピーチを食い止める実効性のある条例を求める要請書を提出した。条例の土台となる答申を作成中の市人権施策審議会や市に宛てたもの。審議会が9月に実施した有識者へのヒアリングを踏まえ、今後の議論のあり方について「規制か非規制かではなく、『組み合わせ』で実効性を担保することが重要だ」と強調している。

 ヒアリングでは…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ヘイトスピーチに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング