1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 缶バッジに託す「反ヘイト」の願い 川崎のハルモニが手作り

時代の正体 差別のないまちへ
缶バッジに託す「反ヘイト」の願い 川崎のハルモニが手作り

社会 | 神奈川新聞 | 2021年10月7日(木) 05:00

「反ヘイト」のメッセージを込めた缶バッジ

 川崎市内でやまないヘイト街宣に「差別はNO」の意思を示そうと在日コリアンの1世たちが再び筆を執った。市ふれあい館(川崎区桜本)の識字学級「ウリマダン」に通うハルモニ(おばあさん)が9月29日、反ヘイトのメッセージが入った缶バッジづくりに励んだ。

 ヘイト街宣の現場で抗議の声を上げる市民に配布し、差別を許さない取り組みを後押しする。

 「もうさべつはやめにしてなかよくしましょうよ!!」という手書きの文字に悔しさがにじむ。

 「サベツゆるさない」「差別はNO 平和に暮そう」というストレートな表現から、韓国料理に例えて「さべつをやめてぷるこぎをたべよう!」と呼び掛けるものもある。

私の願いは「LOVE」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ヘイトスピーチに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング