1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 川崎ヘイト監視再開 体張る市民「行政もより強い姿勢を」

時代の正体 レイシストを追う
川崎ヘイト監視再開 体張る市民「行政もより強い姿勢を」

社会 | 神奈川新聞 | 2021年10月2日(土) 21:00

 休日のJR川崎駅東口で読書をしながら差別主義者の活動を監視する「川崎駅前読書会」が2日、再開した。ヘイト団体の代表者が暴行事件を起こすなど事態が深刻化しているためで、主宰者の木村夏樹さん(53)は「川崎市も歯止めとなる手だてを講じていない。市民が再びまちへ出て体を張らざるを得ない」と表情を硬くする。

 新型コロナウイルスの感染拡大で8月以降控えてきた参加の呼び掛けを、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ヘイトスピーチに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング