1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 台風のメカニズム解明へ 横浜国大に国内初の研究センター

減災
台風のメカニズム解明へ 横浜国大に国内初の研究センター

社会 | 神奈川新聞 | 2021年10月1日(金) 21:10

関係者によるテープカットが行われた台風科学技術研究センターの開所記念式=横浜国大

 台風による被害の軽減や新たな技術開発などを目標に、多様な分野の専門家が集う国内初の研究センターが1日、横浜国立大に発足した。

 地球温暖化に伴う危険な台風の来襲が見込まれる中、発生メカニズムの解明や予測精度の向上を図るとともに、将来的には台風の持つエネルギーを活用した発電の実用化を目指す。

 「台風科学技術研究センター」は同大の先端科学高等研究院に設置された。センター長となった筆保弘徳教授は気象学が専門。「台風は人間にとって脅威。研究者としては敗北感を味わってきたが、今までとは違う視点や技術で台風と闘っていきたい」と述べた。

「予測」など4部門で構成

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

気象・天気に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング