1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 被差別部落の地名掲載に「鉄つい」 原告、表情なお硬く

時代の正体 差別のない国へ
被差別部落の地名掲載に「鉄つい」 原告、表情なお硬く

社会 | 神奈川新聞 | 2021年9月28日(火) 08:00

判決後に会見する原告団代表の片岡さん(左)ら=東京都千代田区

 被差別部落の地名リストをウェブサイトに掲載し、書籍化するのは「差別を助長する行為だ」として、部落解放同盟と幹部ら234人が川崎市多摩区の出版社「示現舎(じげんしゃ)」側に削除や計約2億6500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は27日、「出身者が差別や誹謗(ひぼう)中傷を受けるおそれがあり、プライバシーを違法に侵害する」と判断した。その上で、示現舎の宮部龍彦代表らに、該当部分のサイト削除と出版禁止、計約488万円の賠償支払いを命じた。

 一方、現在の住所、本籍が地名リストにない場合や個人情報を自ら公にしているケースはプライバシー侵害を認めず、一部の原告は敗訴した。

 解放同盟側と宮部氏双方が控訴する意向を示した。

「差別されない権利」確立を

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

差別に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング