1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 差別街宣激化、川崎市条例に抵触も 登戸駅前などに集団の姿

時代の正体 レイシストを追う
差別街宣激化、川崎市条例に抵触も 登戸駅前などに集団の姿

社会 | 神奈川新聞 | 2021年9月20日(月) 08:00

 川崎市や相模原市で外国人排斥を繰り返す差別者集団「日の丸街宣倶楽部」が19日、JR登戸駅、小田急線新百合ケ丘駅前でヘイト街宣を行った。在日コリアンを名指しして排除をあおり立てるヘイトスピーチをプラカードで掲げるなど、差別的言動を禁じた川崎市条例を無視したヘイト活動をエスカレートさせた。

 初めてヘイト街宣が行われた登戸駅前で差別プラカをかざしたのは差別主義者の…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

差別に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング