1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 神奈川で土砂崩れや床上浸水 台風14号、大雨被害相次ぐ

神奈川で土砂崩れや床上浸水 台風14号、大雨被害相次ぐ

社会 | 神奈川新聞 | 2021年9月18日(土) 14:02

台風14号の接近に伴い、断続的に強い雨が降る横浜市内=18日午前8時すぎ

 台風14号の接近に伴う大雨で、神奈川県内では土砂崩れや住宅の床上浸水などが確認されている。横浜地方気象台によると、降り始めからの総雨量は18日正午現在で海老名が177・0ミリ、平塚で126・5ミリを記録。19日正午までの24時間では、東部、西部ともに多い所で100ミリの雨が降るとみて、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒を呼び掛けている。

 県などによると、これまでに大和市深見西で道路脇の斜面が崩落したほか、横浜市中区山元町で石垣が崩れ、海老名市国分北でも土砂崩れが起きたという。住宅の床上浸水が相模原市南区で1棟、横浜市瀬谷区で1棟、床下浸水は寒川町で1棟が報告されている。

 JR東日本によると、大雨の影響で相模線は一部列車が運休するなど、ダイヤが乱れた。

台風に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング