1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 台風14号接近、神奈川で大雨 斜面崩落や床下浸水被害も

台風14号接近、神奈川で大雨 斜面崩落や床下浸水被害も

社会 | 神奈川新聞 | 2021年9月18日(土) 11:17

時折激しく降る雨に、傘を手に足早に通り過ぎる買い物客=18日午前11時半ごろ、横浜駅西口

 台風14号の接近に伴う大雨で、神奈川県内は18日、県央や湘南地域を中心に雨量がかさみ、斜面崩落などの被害が出ている。横浜地方気象台は横浜、川崎、相模原、藤沢、横須賀、厚木市など各地に大雨警報を発表し、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒を呼び掛けている。洪水警報が出されている地域もある。

 県や大和市によると、斜面の崩落は同市深見西の道路脇で発生。同日午前6時40分ごろ、通行できなくなった乗用車のドライバーから119番通報があった。寒川町では住宅1棟が床下浸水した。

 河川の水位も各地で上昇し、川崎市宮前区の平瀬川支川、大和市の境川と引地川などで一時、氾濫危険水位を超えた。伊勢原市は歌川と渋田川で氾濫の恐れが高まったとして、警戒レベル3の高齢者等避難を発令。国土交通省京浜河川事務所と気象台は鶴見川の水位情報を受け、氾濫警戒情報を発表した。

 雨は明け方を中心に強まり、海老名では18日午前5時59分までの1時間に65・5ミリの非常に激しい雨を観測。平塚市でも1時間に45・0ミリの激しい雨が降った。降り始めからの総雨量は午前9時現在、海老名で160・5ミリ、平塚で124・5ミリに達している。

 気象庁によると、台風は18日午前6時すぎ、和歌山県有田市付近に上陸。今後も東へ進み、同日夜には東海道沖で温帯低気圧に変わる見込みという。

台風14号の接近に伴い、断続的に強い雨が降る横浜市内=18日午前8時すぎ
時折激しく降る雨に、傘を手に足早に通り過ぎる買い物客=18日午前11時半ごろ、横浜駅西口

大雨警報に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング