1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 台風14号接近、18日は神奈川でも雷伴う激しい雨に警戒

台風14号接近、18日は神奈川でも雷伴う激しい雨に警戒

社会 | 神奈川新聞 | 2021年9月17日(金) 13:36

 横浜地方気象台は17日、台風14号の接近に伴う神奈川県内の雨量について、18日昼までの24時間に西部の多い所で200ミリ、東部で150ミリに達し、その後の24時間でさらに100~150ミリの大雨になるとの見通しを発表した。前線が通過する18日未明から朝にかけて激しい雨が降るほか、台風の最接近が見込まれる同日夕以降に再び雨が強まるという。

 気象台によると、台風は18日午前9時には和歌山市付近に到達後、温帯低気圧に変わり、19日午前9時には伊豆諸島近海に達する見込み。このため、18日は神奈川県内でも雷を伴った激しい雨が降り、西部の山沿いなどで局地的に1時間50ミリ以上の非常に激しい雨になる所があると予想している。

 また、海上を中心に強い風が吹くため、三浦半島の東京湾側を中心に高波への警戒が必要としている。

台風に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング