1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 神奈川県所管域1人死亡103人感染 福祉施設でクラスター

新型コロナ
神奈川県所管域1人死亡103人感染 福祉施設でクラスター

社会 | 神奈川新聞 | 2021年9月16日(木) 18:27

神奈川県庁

 新型コロナウイルス感染症を巡り、神奈川県は16日、県所管域で新たに1人の死亡と、10歳未満~90代の男女103人の感染が確認されたと発表した。

 死亡したのは座間市の70代男性で、8月21日にせきの症状があり、翌22日に陽性と判明。症状が悪化したため同27日に入院し、9月4日に新型コロナによる肺炎で亡くなった。基礎疾患があったという。

 新規感染者のうち、2人が中等症、101人が軽症または無症状で、44人の感染経路が不明という。年代別の内訳は、40代が20人、10歳未満17人、20代15人、30代・50代が各13人、10代12人、70代5人、60代4人、80代・90代が各2人。

 県厚木保健福祉事務所管内の高齢者福祉施設で80代と90代の入所者の感染が判明し、感染者は職員を含め5人となり、県はクラスター(感染者集団)と認定した。

 クラスターが発生している県小田原保健福祉事務所管内の製造業工場で新たに30~50代の従業員9人の陽性が判明し、感染者は25人となった。

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング