1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 監視映像の視聴 代理人同席なぜ問題? 法相、拒否も答えず

時代の正体 差別のない国へ
監視映像の視聴 代理人同席なぜ問題? 法相、拒否も答えず

社会 | 神奈川新聞 | 2021年9月15日(水) 20:25

 名古屋出入国在留管理局の収容施設で亡くなったスリランカ人留学生、ウィシュマ・サンダマリさんの遺族が監視カメラ映像の視聴に代理人の同席を求めていることについて、上川陽子法相は14日の閣議後会見で「ビデオは遺族で見てほしい」と述べ、立ち会いを拒否する考えを改めて示した。収容者に適切な医療を受けさせず死に至らしめながら、説明を尽くそうという責任ある姿勢は終始感じられない。

 遺族は、精神的な負担軽減と法的問題を正確に理解するため、代理人弁護士の立ち会いがないと視聴できないと出入国在留管理庁に伝えている。

 ビデオの開示について入管庁や上川氏は「人道上の配慮」という行政の裁量で認めたとしていることから、記者が「…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

入管難民法に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング