1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 入管庁が代理人同席拒否 スリランカ女性遺族、映像視聴諦め

時代の正体 差別のない国へ
入管庁が代理人同席拒否 スリランカ女性遺族、映像視聴諦め

社会 | 神奈川新聞 | 2021年9月11日(土) 05:00

 名古屋出入国在留管理局の収容施設でスリランカ人留学生ウィシュマ・サンダマリさん(33)が適切な医療を受けられずに死亡した問題で、出入国在留管理庁は10日、生前の様子が分かる監視カメラ映像を遺族に開示するに当たり、代理人の立ち会いを拒否した。精神的負担の軽減や法的な問題を正確に理解するため立ち会いを求めていた妹2人はこの日の視聴を諦めざるを得ず、弁護士制度を否定するかのような入管庁・法務省の対応が遺族をさらに苦しめている。

 入管庁や上川陽子法相はこれまで「保安上の問題」という理由にならない理由を繰り返し持ち出してきたが、佐々木聖子長官はこの日「…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

入管難民法に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング