1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 冷蔵非常食、災害時に病院へ 倉庫会社と厚木市立病院が協定

冷蔵非常食、災害時に病院へ 倉庫会社と厚木市立病院が協定

社会 | 神奈川新聞 | 2021年9月10日(金) 05:00

災害時の非常食調達の協定を結んだ長谷川節厚木市立病院長(右)と伊澤進横浜低温流通社長=同市立病院

 神奈川県の災害拠点病院となっている厚木市立病院(同市水引、長谷川節院長)と、倉庫会社「横浜低温流通」(同市酒井、伊澤進社長)は9日、災害時に同病院の医療スタッフや来院者の非常食を調達する協定を締結した。

 冷蔵冷凍トラックで、加熱しなくても食べられる食品を届ける。

 市によると、公立の災害拠点病院が民間事業者と災害時の非常食調達の協定を結ぶのは県内で初めて。

加熱不要、冷蔵冷凍トラックが配送

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

災害協定に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング