1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 川崎・多摩川スピードウェイ遺構 学会が国に保全要望

川崎・多摩川スピードウェイ遺構 学会が国に保全要望

社会 | 神奈川新聞 | 2021年9月8日(水) 05:30

多摩川スピードウェイの名残として、階段状の観客席跡が残る多摩川河川敷=川崎市中原区

 川崎市中原区の多摩川河川敷に開設された日本初の常設サーキット「多摩川スピードウェイ」の遺構を壊す堤防強化工事計画が浮上している問題で、産業遺産学会(横山悦生会長)は6日までに、遺構の全面保存と治水対策を両立する工法への見直しを求める要望書を国土交通相と京浜河川事務所に送付した。

 今後、学会は同遺構を推薦産業遺産に認定する考えだという。

治水と保全「両立可能」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

レースに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング