1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 特殊詐欺の実態(1)追い詰められていく「出し子」

特殊詐欺の実態(1)追い詰められていく「出し子」

社会 | 神奈川新聞 | 2021年8月24日(火) 18:45

 特殊詐欺の検挙件数が2020年、過去最多となった。被害総額はピーク時から半減したが、依然として水準は高い。だまし取った通帳やキャッシュカードを使い荒稼ぎを狙う詐欺グループにとって、必要不可欠なのが現金を引き出す「受け子」や「出し子」だ。その末端の実態に迫る。

(公判廷供述など訴訟関係資料のほか、訴訟関係者、捜査関係者、詐欺グループ関係者への取材を基に構成しています)


実際に特殊詐欺で現金やキャッシュカードの受け渡しに使われた暗証番号式のコインロッカー=JR横浜駅

 川上博(28)=仮名=は、死を覚悟するほど追い詰められていた。

 「もう逃げられない。死ぬしかない。あいつを殺して、俺も死ぬ…」

 自ら手を染めた特殊詐欺グループから多額の現金を要求されていた。

リスクと報酬

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

連載「トクサギ 捨て駒たちの奈落」に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング