1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 20日も西・東日本は大雨

20日も西・東日本は大雨

社会 | 共同通信 | 2021年8月19日(木) 14:33

 激しい雨で近江―日大東北戦が中断された甲子園球場のグラウンド。2時間以上中断後、ノーゲームとなった=19日

 西日本付近に停滞する前線の影響は続き、19日は四国や近畿、東海を中心に大雨となった。20日も西日本と東日本は雷を伴う激しい雨が降る恐れがあり、気象庁が災害に警戒を呼び掛けた。19日日中の24時間降水量は高知県いの町で217・5ミリ、徳島県三好市で169・5ミリを観測した。

 兵庫県西宮市の甲子園球場では全国高校野球選手権大会1回戦の近江(滋賀)―日大東北(福島)が行われたが雨で中断し、その後ノーゲームに。気象庁によると、甲子園周辺では午前中、多い時で1時間に約20ミリ(解析雨量)の強い雨が降ったとみられる。

 気象庁によると、前線は次第に活動が弱まる見通し。

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング