1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 川崎ヘイト街宣、退潮くっきり 「条例と抗議の相乗効果」

時代の正体 レイシストを追う
川崎ヘイト街宣、退潮くっきり 「条例と抗議の相乗効果」

社会 | 神奈川新聞 | 2021年8月15日(日) 11:50

 川崎市内を中心に外国人の排斥を繰り返す差別扇動団体「日の丸街宣倶楽部」が14日、JR川崎駅東口でヘイト街宣を行った。多くの市民が抗議に駆け付ける中、参加者は告知された街宣として過去最少の13人にとどまった。ヘイトスピーチを刑事罰で規制する全国初の川崎市条例が全面施行され1年余、同団体の退潮傾向があらわになっている。

 同団体の川崎駅前広場での街宣は6月27日以来20回目。代表の渡辺賢一氏はツイッターで参加を呼び掛けていたが、集まったのはいつものメンバーで、人数も最も多かった昨夏の3分の1以下まで減った。

 ヘイトの現場に足を運んできた社会学者の瀧大知さんは「…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

差別に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング