1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. マラソン、大迫傑が6位入賞

マラソン、大迫傑が6位入賞

社会 | 共同通信 | 2021年8月8日(日) 09:11

 男子マラソン 6位でゴールする大迫傑=札幌市
 男子マラソン 20キロ付近の北海道大構内を給水しながら力走する大迫傑(右)=札幌市

 東京五輪最終日の8日、札幌市の大通公園発着で争われた陸上男子マラソンで、現役最後のレースに臨んだ大迫傑(30)=ナイキ=が6位となり、日本男子として2012年ロンドン五輪で6位の中本健太郎以来の入賞を果たした。優勝はケニアのエリウド・キプチョゲ。

 暑さ対策で会場が札幌市に移された。大迫は変則の周回コースを跳ねるように、粘り強く走った。

 長野・佐久長聖高、早大卒。渡米して独自路線で強化した。マラソンは2020年東京の2時間5分29秒で2度目の日本記録更新を果たした。

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング