1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 遺骨なく「消えた」いとこ、沈黙の両親…いま語る広島の記憶

平和つなぐ 広島被爆76年
遺骨なく「消えた」いとこ、沈黙の両親…いま語る広島の記憶

社会 | 神奈川新聞 | 2021年8月6日(金) 23:55

核廃絶への思いを語る網崎さん=鎌倉市

 鎌倉市被爆者の会会長の網崎万喜男さん(80)=同市=は、幼き日に見上げた閃光(せんこう)とキノコ雲、そして瀕死(ひんし)の人々のうめき声が忘れられないと言う。原爆忌から76年。「核兵器は人類と共存できない」と確信し、次世代に語り継ぐ。「核の問題は誰もが当事者。決してひとごとではない」

「核なき世界」演説に万感

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

太平洋戦争に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング