1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 法相、責任回避に終始 スリランカ女性死亡、最終報告遅れ

時代の正体 差別のない国へ
法相、責任回避に終始 スリランカ女性死亡、最終報告遅れ

社会 | 神奈川新聞 | 2021年8月4日(水) 10:30

 名古屋出入国在留管理局に収容中の3月、スリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)が死亡した問題で、上川陽子法相は3日、最終報告が遅れていることに関して遺族に謝罪する必要性を認めなかった。約束の期日を守れなかった責任を閣議後会見で指摘されたが、「私はいつ出すか明確に答弁していない」と無関係を装ってまで責任回避に終始した。

 入管庁は衆院法務委員会の理事懇談会で…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

入管難民法に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング