1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 神奈川の海水浴場 緊急事態宣言で割れる自治体対応

新型コロナ
神奈川の海水浴場 緊急事態宣言で割れる自治体対応

社会 | 神奈川新聞 | 2021年8月3日(火) 05:35

逗子海水浴場では海の家が休業し、海水浴客も少なかった=2日午後3時15分ごろ、逗子海水浴場

 新型コロナウイルス感染急拡大に伴い神奈川県内で緊急事態宣言が2日発令されたことを受け、逗子市と葉山町は開設中の海水浴場を一時休止する。

 期間は宣言の解除までで、逗子市は2日から、葉山町は4日から海の家は終日休業となる。

 一方、藤沢市の海水浴場は緊急事態宣言を踏まえた安全対策を視野に開設を継続する方針。

 全国的な人気を誇る湘南ビーチで、開設を巡る対応が分かれる形となっている。

逗子 閉店の看板

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング