1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 大谷翔平、次回登板を回避

大谷翔平、次回登板を回避

社会 | 共同通信 | 2021年7月31日(土) 10:16

 28日の試合中にファウルボールを受けていたエンゼルス・大谷の右手親指。次回登板がずれ込むと球団が公表した=30日、アナハイム(共同)
 エンゼルスの大谷翔平(ゲッティ=共同)

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスは30日、大谷翔平が次回登板を予定していた8月1日(日本時間同2日)に22歳の左腕デトマーズがメジャー初登板すると公式ツイッターで公表した。アナハイムでのアスレチックス戦前に取材対応したマドン監督によると、大谷は28日の試合中にベンチに飛び込んだファウルボールが右手親指に当たったという。監督は登板日がずれ込む可能性があるとしていた。

 大谷は28、29日と打者でフル出場した。

 26日の前回登板では7回1失点で5勝目(1敗)を挙げた。自身4連勝中で1918年のベーブ・ルース以来の「2桁勝利、2桁本塁打」を目指している。

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング