1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 登校日の学校に焼夷弾…寝坊していた私は命拾いした

#あちこちのすずさん
登校日の学校に焼夷弾…寝坊していた私は命拾いした

社会 | 神奈川新聞 | 2021年8月8日(日) 12:18

(女性・84歳)

 1945年7月30日の朝、鹿児島県で国民学校の2年生だった私は、登校日だったのに寝坊。走って学校に向かう途中で「空襲警報だから帰れ」と言われ、慌てて家に戻りました。

 玄関に入った途端、大音響がして、布団をかぶせられました。

 後になって、その時、早くに登校して学校にいた友7人が焼夷(しょうい)弾に当たり亡くなったことを知りました。音が収まってから家族で山へ逃げる時、学校方面を見ると、空は真っ赤でした。三日三晩山に隠れて、帰ってみると自宅は辛うじて残っていましたが、隣の家まで焼けていました。

 8月15日に大人が「日本は負けた」と言いました。アメリカが攻めてきて何をされるか分からないと、皆、恐怖におののいていました。

 76年前のことを思うと今生きているのは奇跡的で、有り難いことです。孫たちには「その時、おばあちゃんが死んでいたら、私たちはいないんだよね」と言われます。

 その学校は数年前に閉校となり、廃校式に出席しました。今でも校庭には戦没学童慰霊碑があります。


 戦時下の日常を生きる女性を描いたアニメ映画「この世界の片隅に」(2016年)の主人公、すずさんのような人たちを探し、つなげていく「#あちこちのすずさん」キャンペーン。読者から寄せられた戦争体験のエピソードを、ことしも紹介していきます。

あちこちのすずさんに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング