1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 女児事故の鎌倉「勝手踏切」 苦慮する江ノ電、再発どう防ぐ

女児事故の鎌倉「勝手踏切」 苦慮する江ノ電、再発どう防ぐ

社会 | 神奈川新聞 | 2021年7月26日(月) 22:50

小学3年の女児が電車にはねられた事故現場では、進入止めが増設されている=15日、鎌倉市稲村ガ崎1丁目

 鎌倉市稲村ガ崎1丁目の江ノ島電鉄の線路上で4月、小学3年の女児(8)が電車にはねられた事故を受け、江ノ電は進入止めや看板設置などの対策を進めている。

 現場の線路には踏切はないが、住民らが日常的に生活道路として利用している「勝手踏切」。

 そうした場所は全国的にも多く、事故をいかに防ぐかが課題となっている。

事故後も子どもが

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

人身事故に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング