1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「危険な斜面」見て・知って・伝えて 逗子で学生ら調査

「危険な斜面」見て・知って・伝えて 逗子で学生ら調査

社会 | 神奈川新聞 | 2021年7月23日(金) 21:30

学生たちの調査には地元小学校PTA会長の鈴木弥奈子さん(44)も参加し、危険意識を共有した=逗子市池子

 逗子市池子で女子高校生が死亡した斜面崩落事故を受け、地元の中高生らでつくる災害ボランティア団体「3・11つなぐっぺし」が、身近な斜面の危険調査を進めている。

 23日は市内の土砂災害警戒区域などを調べ、今後は防災マップにまとめてリスクを伝えていく考えだ。「危険な場所を知って普段の行動につなげてもらえたら」。事故を教訓にした安全なまちの実現に向け、学生たちが奮闘している。

 「高校生もたくさん通る道だけど、せり出した崖から石がぽろぽろ崩れている」「高校側にも伝えたい」

 夏空が広がった逗子市で、中高生と地域住民ら5人が、通学路沿いなどにある土砂災害警戒区域の斜面などを訪ね歩いた。約2時間で10カ所を見て回り、今月3日の大雨による斜面崩落現場や、昨年2月に女子高校生が死亡した事故現場も確認した。

「擁壁があっても危ない」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

逗子・斜面崩落に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング