1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 秦野の男性1人が死亡 神奈川県所管域で128人感染確認

新型コロナ
秦野の男性1人が死亡 神奈川県所管域で128人感染確認

社会 | 神奈川新聞 | 2021年7月22日(木) 18:25

神奈川県庁

 新型コロナウイルス感染症を巡り、神奈川県は22日、県所管域で秦野市の60代男性が死亡し、新たに10歳未満~80代の男女128人の感染が確認されたと発表した。軽症111人、16人が無症状で、81人の感染経路が不明。

 年代別では20代が35人、40代25人、10代23人、30代15人、50代14人、10歳未満6人、70代4人、60代と80代が各3人。

 亡くなった男性は14日に2度目のワクチン接種を終え、翌15日に発熱。18日朝に呼吸が苦しくなり、一時意識が無くなるなどの症状があったことから病院に救急搬送され、検査で陽性と判明。同日亡くなった。

 厚木保健福祉事務所管内にある製造業の事業所では従業員1人の感染が新たに判明、同事業所に関連する感染者は5人となり、県は新たなクラスター(感染者集団)と認定した。

 すでにクラスターと判明している同福祉事務所管内の学習塾では生徒1人の感染が新たに判明、関連する感染者は10人となった。

 県は21日に陽性者として発表した逗子市在住の30代女性について、横浜市の所管だったとして取り下げた。

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング