1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 還付金詐欺の件数・被害額3倍以上に 神奈川県警が対策強化

還付金詐欺の件数・被害額3倍以上に 神奈川県警が対策強化

社会 | 神奈川新聞 | 2021年7月21日(水) 23:20

神奈川県警

 還付金があるとうその電話をかけて現金自動預払機(ATM)で手続きするよう促す特殊詐欺被害が今年急増していることが、神奈川県警のまとめで分かった。

 6月末時点の認知件数は139件、被害総額は約1億4600万円で、いずれも前年同期比の3倍以上となった。

 山本仁本部長は21日の定例会見で、対策を強化する考えを示した。

 県警によると、6月末時点の特殊詐欺全体の認知件数は前年同期比362件減の603件。特に、近年多発していたキャッシュカードをすり替えて盗む手口が同250件減の112件で減少幅が大きかった。

手口の変化に警戒

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

特殊詐欺に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング