1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 21日の神奈川 2人死亡522人感染 デルタ株初の3割超

新型コロナ
21日の神奈川 2人死亡522人感染 デルタ株初の3割超

社会 | 神奈川新聞 | 2021年7月21日(水) 20:50

 新型コロナウイルス感染症を巡り、県内で21日、新たに2人の死亡と、10歳未満~80代の男女522人の感染が確認された。うち319人の感染経路が不明。1日当たりの新規感染者数が500人を超えたのは17日(539人)以来、4日ぶり。

 横浜市は70代男性の死亡を発表。6月21日に発熱し、陽性が判明、7月17日に死亡した。ワクチン接種は6月15日に1回目を受けていた。

7月21日現在の県内市町村別感染者数

 川崎市は60代男性の死亡を発表。7月2日に陽性と判明し、入院していたが、同20日に死亡した。

 県によると、平塚保健福祉事務所管内の企業と、厚木保健福祉事務所管内の公立学校で、感染者がそれぞれ計6人となり、県はクラスター(感染者集団)が発生したとしている。

 県は21日、デルタ株(疑いを含む)の転換率が30・4%になったと明らかにした。12~18日にかけての検査分で、30%を超えるのは初めて。

 在日米海軍厚木基地(大和、綾瀬市)は21日、基地関係者1人の感染を新たに確認したと発表。在日米陸軍も21日、米陸軍関係者1人が感染し、米陸軍相模原住宅地区(相模原市南区)に隔離していると発表した。

新型コロナに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング