1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 神奈川新聞記事巡る訴訟 「侮辱」箇所の回答、また持ち越し

神奈川新聞記事巡る訴訟 「侮辱」箇所の回答、また持ち越し

社会 | 神奈川新聞 | 2021年7月20日(火) 22:00

 自身の発言を悪質なデマなどと報道されて名誉を毀損(きそん)されたとして、2019年の川崎市議選に立候補した佐久間吾一氏が、神奈川新聞社の石橋学記者に140万円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が20日、横浜地裁川崎支部(飯塚宏裁判長)で開かれた。

 飯塚裁判長から石橋記者の記事中で侮辱に当たる箇所を問われた佐久間氏は、「…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

名誉棄損に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング