1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「街並みが消えた」 川崎市の救助隊が目にした土石流の惨状

「街並みが消えた」 川崎市の救助隊が目にした土石流の惨状

社会 | 神奈川新聞 | 2021年7月16日(金) 05:00

 「土砂に流され、街並みが消えていた」。大規模土石流が発生した静岡県熱海市で救出活動に従事した川崎市消防局の職員が、想像を絶する被災地を振り返った。神奈川県緊急消防援助隊として派遣され、3日間の活動で女性1人を救助。ただ、依然として行方不明者の発見には至らず、自然災害の猛威に唇をかむ。

 土石流が発生した翌日の7月4日午前8時ごろ、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

気象・天気に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング