1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 夏のゲリラ豪雨「昨年の2割増」 気象会社予測、8月ピーク

減災
夏のゲリラ豪雨「昨年の2割増」 気象会社予測、8月ピーク

社会 | 神奈川新聞 | 2021年7月14日(水) 11:30

豪雨の影響で水位が上昇した川=2日朝、鎌倉市内

 7~9月に全国で発生する「ゲリラ豪雨」の回数は約7万5千回に上り、昨シーズンの1.2倍になるとの予想を、気象情報会社ウェザーニューズ(千葉市)が公表した。8月中旬~下旬がピークとみている。

 同社は独自に、10キロ四方のエリアで1時間11ミリ以上に相当する雨が降り出すなどした場合に1回とカウント。昨夏は全国で約6万2千回だったという。

 突発的で局地的なゲリラ豪雨は、太平洋高気圧が弱まって湿った空気が流れ込む時や上空への寒気の流入で大気の状態が不安定になると発生しやすい。今シーズンは本州の日本海側を中心に湿った空気の影響を受けると予想している。

 都道府県別では、北海道が最多の1万400回。沖縄(3千回)や三重(2600回)なども多くなりそうだ。秋田(2500回)や石川(1600回)は昨夏の2倍前後と予想している。神奈川は500回で前年並みという。

 同社の担当者は「最新の気象情報を確認し、天気の急変に注意してほしい」と促している。(渡辺 渉)

気象・天気に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング