1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ゲーム三國志の人気武将、暴力団追放へ一役 ポスターに登場

ゲーム三國志の人気武将、暴力団追放へ一役 ポスターに登場

社会 | 神奈川新聞 | 2021年7月14日(水) 07:00

ポスターを披露するコーエーテクモゲームスの伊藤幸紀執行役員(右)と県暴力追放推進センターの井本昇専務理事=県警本部

 神奈川県警などは13日、暴力団追放を呼び掛ける啓発ポスターをお披露目した。

 歴史シミュレーションゲーム「三國志」シリーズの武将を起用。「我ら生まれた日は違えども、暴力団を利用しないと誓おう」(劉備)、「反暴力団連合結成!」(曹操)、「暴力には断固屈しない!」(周瑜)の標語を記した3種類を作成し、おなじみの武将たちが暴力団排除を訴える内容になっている。

 制作元のコーエーテクモゲームス(横浜市西区)から県警に提案があり、県暴力追放推進センターを含めた3者で製作。今後、各署や駅構内、商業施設などに掲示する。

 同社の伊藤幸紀執行役員は「会社の理念は『創造と貢献』。根強い人気のある三國志で、神奈川に貢献できれば」。同センターの井本昇専務理事は「インパクトのある仕上がりで、若者に向けた啓発にも期待できる」と話した。

神奈川県警に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング