1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 合宿地ピリピリ…マンションに選手が滞在「住民と鉢合わせ」

東京五輪
合宿地ピリピリ…マンションに選手が滞在「住民と鉢合わせ」

社会 | 神奈川新聞 | 2021年7月9日(金) 06:00

スペイン選手団を受け入れている逗子マリーナ=8日、逗子市

 新型コロナウイルスの感染再拡大で揺れる東京五輪。海外選手団を受け入れる神奈川県内の事前キャンプ地で歓迎ムードは影を潜め、住民と選手の“接触”に神経をとがらせるピリピリした空気が漂う。

 中でもリゾートマンションの一角で選手が合宿する逗子市では、居住者の不安が増幅。

 「そもそもキャンプ地だと聞いていない」との声もあり、地元自治体は選手と住民の板挟み状態に困惑を隠せずにいる。

 「DO NOT ENTER」(立ち入り禁止)。

非常階段で行き来

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング