1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 3m超バス停、低くなってた 読者の問題提起が奏功、でも…

追う!マイ・カナガワ
3m超バス停、低くなってた 読者の問題提起が奏功、でも…

社会 | 神奈川新聞 | 2021年7月5日(月) 06:30

 今年1月7日に掲載した「横浜に3メートル級のバス停 なぜ?」のバス停が改善されたという。疑問を投稿した横浜市泉区の会社員渡辺聡さん(46)から「バス停が背の低いものに変更されました。誰もが暮らしやすい街に一歩前進です」と、「追う! マイ・カナガワ」取材班に連絡があった。記者は再び、現場へと向かったが…。


【1】約3メートルあった「浅間町車庫前」のバス停

 渡辺さんが昨年末に寄せた悩みは、同市西区の「浅間町車庫前」など四つのバス停が高さ約3メートルもあり(写真【1】)、車いすユーザーや子ども、高齢者に使いづらいというものだった。

 取材班が同市交通局を取材すると、同局は主にバスや地下鉄の乗車収入で経営している地方公営企業のため、「コロナ禍で乗車収入が赤字になり、すぐに新しい物に変更できるかは分からない」と説明。同局のバス停が約30種類もあるため、3メートル級が導入された経緯を含めバス停設置や管理などで不明点が多いといった問題があることも分かり、マイカナで報じていた。

【2】変更後の「浅間町車庫前」のバス停=横浜市西区

 今回、あらためて同局に聞くと、本紙の報道を受けて「浅間町車庫前」のほか、同区の「高島町」「花咲橋」「雪見橋」を合わせた4バス停は、すぐに約2メートルの標準タイプに取り替えたという(写真【2】)。

 港南区の「笹下港南中央通」のバス停も3メートル級だったので同様に変更。同局によると、「在庫が5本あったので、何とか購入しなくて済んだ」という。

 問題のバス停は市営バスのほか、神奈川中央交通や相鉄バスの路線が通る交通の要所にある。掲示する時刻表が膨大でバス停も高くなっていたが、同局の担当者は「時刻表を縮小印刷し、バス停の高さを抑えても全部掲示できるように工夫した」と教えてくれた。

 解決してよかった─。そんな思いで記者が新しいバス停を見に行くと、信じがたい光景に再び出合うことになった。

車道に出ないと時刻表は見えない?

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

追う!マイ・カナガワに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング