1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 記録的大雨 三浦半島で崖崩れ相次ぐ「危険と思っていた」

記録的大雨 三浦半島で崖崩れ相次ぐ「危険と思っていた」

社会 | 神奈川新聞 | 2021年7月3日(土) 21:30

がけ崩れが起きた諏訪大神社=横須賀市緑が丘

 停滞する梅雨前線の影響で神奈川県内は3日、記録的な大雨となり、三浦半島では崖崩れなどの被害が相次ぎ、住民らが不安げな表情を浮かべた。

 同日午前8時ごろ、横須賀市緑が丘の「諏訪大神社」で、神社の横にある崖が突然崩れ落ちた。宮司の畑年(みのる)さん(84)によると、崖地は市有地で、7~8年前から擁壁に隙間ができたため、市に連絡していたという。畑さんは「以前から危険だと思っていた」と話した。

 同市田浦のメガソーラーの工事現場でも同日午前9時ごろ、崖崩れが起きた。市によると、近隣の住宅などには被害はなかったが、住民の要望を受けて近くのコミュニティセンターに自主避難所を開設した。

 逗子市の横浜横須賀道路逗子インターチェンジ付近では、同日午前8時10分ごろ、道路脇ののり面が崩れ、車1台が巻き込まれた。近くに住む50代の男性は「私の家の裏にも斜面がある。固められているが、安全とは言い切れない」と話していた。(尹貴淑、砂田弘明)

車1台が巻き込まれる土砂崩れが起きた横浜横須賀道路逗子インターチェンジ付近の斜面=逗子市

気象・天気に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング