1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 戦争「絶対に避けよ」 相模原の西倉さん、シベリア抑留語る

平和つなぐ
戦争「絶対に避けよ」 相模原の西倉さん、シベリア抑留語る

社会 | 神奈川新聞 | 2021年7月4日(日) 06:30

シベリア抑留について自らの経験を語る西倉さん=2日午後、横浜市栄区

 第2次世界大戦後にシベリア抑留を経験した西倉勝さん(相模原市南区)が2日、横浜市内で開かれた学習会で旧ソ連での過酷な抑留生活を語った。

 「人間が人間を殺し合う戦争は絶対に避けなければならない」。

 96歳の語り部が訴える平和の尊さに、約40人の参加者は不戦の誓いを新たにした。

劣悪な環境「閉口した」

 西倉さんは新潟県出身。1945年1月に19歳で旧陸軍に入隊した。

 敗戦から3日後にソ連軍による武装解除を受けた。約200キロ歩いた後、貨車に乗せられ、ソ連・極東のコムソモリスクに収容された。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

シベリア抑留に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング