1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 神奈川の鉄道路線、運転見合わせ相次ぐ 記録的大雨の影響

神奈川の鉄道路線、運転見合わせ相次ぐ 記録的大雨の影響

社会 | 神奈川新聞 | 2021年7月3日(土) 18:13

運転見合わせを知らせる電光掲示板=3日午前10時50分ごろ、横浜市磯子区のJR新杉田駅

 記録的な大雨で3日、神奈川県内の鉄道各線に運転見合わせなどの影響が相次いだ。

 JR東日本横浜支社によると、東海道線は雨量が規制値を超えたため、小田原ー熱海間の上下線で終日、運転を取りやめる。同区間は4日午前中まで運転を見合わせるとしている。

 相模線は倉見駅で線路が冠水し、寒川ー厚木間で運転を一時見合わせた。

 また、小田急小田原線が相武台前ー小田原間で、小田急江ノ島線が大和ー藤沢間で運転を一時見合わせた。

 JR東海によると、東海道新幹線は新横浜ー小田原間の大雨の影響で3日午前7時すぎから運転を見合わせていたが、同10時45分に再開。同日夜も小田原ー熱海間で線路設備を確認するため、断続的に運転を見合わせた。

 京急電鉄によると、京急本線が神奈川新町―浦賀間で、京急逗子線が金沢八景―逗子・葉山間で、京急久里浜線が堀ノ内―京急久里浜間でそれぞれ運転を見合わせていたが、午後6時までに再開した。

運転見合わせに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング