1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜中華街で職場接種へ 7月下旬から、対象4千~6千人

新型コロナ
横浜中華街で職場接種へ 7月下旬から、対象4千~6千人

社会 | 神奈川新聞 | 2021年6月21日(月) 05:30

 横浜中華街発展会協同組合(横浜市中区)は18日、約390の組合店舗の従業員らを対象に、新型コロナウイルスワクチンの職場接種を実施すると発表した。対象者は数千人規模となる見通し。感染拡大に伴う時短営業や外出自粛要請などで大きな打撃を受ける中、「…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ワクチンに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング