1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「見たら逃げろ」 津波フラッグ 茅ケ崎・藤沢市が導入

減災
「見たら逃げろ」 津波フラッグ 茅ケ崎・藤沢市が導入

社会 | 神奈川新聞 | 2021年6月17日(木) 16:00

試行的に掲げられた津波フラッグ=茅ケ崎市

 茅ケ崎市と藤沢市は海水浴場が開設される今夏から、津波警報などを海水浴客や聴覚障害者らに知らせる「津波フラッグ」を導入する。

 両市など神奈川県内の沿岸市町は東日本大震災を機に避難のサインとして「オレンジフラッグ」を使用していたが、国が旗のデザインを統一した津波フラッグの普及を今夏から本格化させている。

サーフショップも協力

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

減災に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング