1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 9千万円横領か 横須賀のじん肺救済基金、元事務局長を告訴

9千万円横領か 横須賀のじん肺救済基金、元事務局長を告訴

社会 | 神奈川新聞 | 2021年6月16日(水) 22:35

神奈川県警横須賀署

 アスベスト(石綿)被害の問題に取り組むNPO法人「じん肺・アスベスト被災者救済基金」(横須賀市)は16日、同法人の資金を私的に使ったとして、経理担当者だった元事務局長の男性(65)を業務上横領の疑いで横須賀署に刑事告訴し、受理された。

 同法人によると、被害総額は約9千万円とみられるという。

 告訴内容は、2018年4月~20年3月、じん肺・アスベスト被害救済の助成などに用いる同法人の資金を口座から49回にわたって 計約1316万円引き出し横領した、としている。

 同法人によると、男性は03年ごろから経理事務に従事し、11年に事務局長兼経理担当者に就任して以降は経理を1人で担当し、通帳、キャッシュカード、届け出印などを自宅に持ち帰るなどしていた。

 同法人は昨年6月の総会で被害救済に尽力する団体に2千万円の出資を決めたが、男性が資金を振り込まなかったため問いただし、発覚した。

 男性は「10年以上にわたり約9千万円を横領した」と説明しているという。同法人は「これまで助成してきた団体に全く助成できなくなってしまい、責任を感じている。おわび申し上げたい」とコメントを出した。

横領に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング