1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 関東甲信が梅雨入り 平年より7日遅く

関東甲信が梅雨入り 平年より7日遅く

社会 | 神奈川新聞 | 2021年6月14日(月) 11:45

秦野市中心部を流れる水無川沿いで見ごろを迎えたアジサイ=秦野市今川町

 気象庁は14日、関東甲信が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より7日、昨年より3日遅い。

 気象庁によると、14日の関東甲信は気圧の谷や湿った空気が入った影響で、広範囲で雨が降った。今後1週間も前線や湿った空気のため、雨や曇りが多くなる見通しで、梅雨入りと判断した。

 関東甲信の昨年の梅雨入りは6月11日ごろ、梅雨明けは8月1日ごろだった。

 秦野市中心部を流れる水無川では、約2キロに植えられたセイヨウアジサイやガクアジサイが見ごろを迎え、雨上がりに行き交う人たちがピンクや青色など淡い色の花を写真に収めていた。

朝から雨となった横浜市内。関東甲信では平年より7日遅く梅雨入りが発表された
ガクアジサイなどが植えられた水無川沿いでは雨上がりに写真を収める人の姿も=秦野市今川町
秦野市中心部を流れる水無川沿いでは、約2キロに植えられたセイヨウアジサイやガクアジサイが見ごろを迎えている

気象・天気に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング