1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 公道での聖火リレー中止 理解と落胆入り交じる神奈川のランナー

公道での聖火リレー中止 理解と落胆入り交じる神奈川のランナー

社会 | 神奈川新聞 | 2021年6月12日(土) 05:00

 希望の道を、つなごう─。このコンセプトを掲げた東京五輪の聖火が神奈川県内を駆け抜ける夢舞台は幻に終わった。

 トーチを握る予定だったランナーは、県の「公道開催中止」決定に複雑な思いを吐露する。

 「仕方ない」「残念」。

 沿道からの声援を受けて走れないことへの落胆は大きいが、代替のセレモニーに向けて前を向く。

 炎に託すメッセージを伝えるために。

「思いを受け止める」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング