1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 要注意の場所、人物は 神奈川県警、電車の痴漢対策で啓発

要注意の場所、人物は 神奈川県警、電車の痴漢対策で啓発

社会 | 神奈川新聞 | 2021年6月3日(木) 11:30

駅利用者に痴漢への注意を呼び掛ける県警の警察官とJRの担当者=JR新横浜駅

 電車内の痴漢対策を進めようと、神奈川県警とJR東日本、JR東海は1日、横浜市港北区の新横浜駅で啓発活動を行った。

 県警とJR東日本は1~15日を「痴漢対策強化期間」としており、重点的に警戒や摘発を進める。

 警察官と駅員が駅を利用する女性らに、電車内での不審者への注意や、痴漢被害に遭った際の速やかな通報などを呼び掛けた。

 県警は▽車内の混雑時は死角になりやすく、逃げにくいドア付近を避ける▽混雑していないにもかかわらず、隣に座ったり距離が近かったりする人物は要注意-とし、「危険を感じたらその場を離れるなどして身を守ってほしい」としている。

 県警によると、2020年の電車内の痴漢の摘発件数は前年比44件減の75件。

 今年は4月末時点で前年同期比4件減の26件となっている。(飯塚 恒成)

痴漢に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング