1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. いじめの相談、大幅減 コロナ影響か 川崎の市民団体が報告

新型コロナ
いじめの相談、大幅減 コロナ影響か 川崎の市民団体が報告

社会 | 神奈川新聞 | 2021年5月29日(土) 21:30

 川崎市市民オンブズマン(富田善範代表市民オンブズマン)と市人権オンブズパーソン(池宗佳名子代表人権オンブズパーソン)は、2020年度の運営状況を報告書にまとめた。市民オンブズマンへの苦情申し立ては前年度比6件増の117件だった一方、人権オンブズパーソンへの相談はいじめに関する相談が大幅に減るなど71件減の141件。コロナ禍の影響による人と接する機会の減少が要因とみられる。

 市に関する苦情申し立ては、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

相談に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング