1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 引きこもり18年、家族との確執 兄刺殺の被告「恨みが」

傍聴席
引きこもり18年、家族との確執 兄刺殺の被告「恨みが」

社会 | 神奈川新聞 | 2021年5月28日(金) 05:00

 2020年7月、横浜市鶴見区の自宅敷地内で兄(54)=当時=を刃物で刺して殺害したとして、殺人罪に問われた無職の被告(54)の裁判員裁判が27日、横浜地裁(鈴木秀行裁判長)で開かれた。公判では被告人質問が行われ、18年間にわたって引きこもっていた被告と、自立を求めていた兄との確執が浮かび上がった。

 被告が勤務先の移転を機に仕事を辞め、実家の離れで引きこもるようになったのは02年ごろ。職場で…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

殺人に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング