1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ニシキヘビ「遠くない」確信的中 横浜・戸塚の住民ら安堵

ニシキヘビ「遠くない」確信的中 横浜・戸塚の住民ら安堵

社会 | 神奈川新聞 | 2021年5月23日(日) 01:13

飼い主の男性とアミメニシキヘビを載せた車両を見つめる人々。現場には多くの報道陣や近隣住民らが集まった=22日午後7時10分ごろ、横浜市戸塚区

 〝逃走ヘビ〟屋根裏で発見―。

 横浜市戸塚区でペットとして飼われていたアミメニシキヘビが22日、飼育先のアパートで捕獲された。16日ぶりの発見に、周辺住民の間には安堵(あんど)が広がった。

 「見つかったぞ!」

 ヘビの飼い主の男性が住んでいたアパートで、22日午後、屋根裏を探していた日本爬虫(はちゅう)類両生類協会の白輪剛史理事長(52)が叫んだ。

 浴室の点検口から上半身のみ屋根裏へ。辺りをライトで照らすと、鉄骨などに絡みついたヘビの姿を確認できたという。

捕獲の様子を説明する日本爬虫類両生類協会の白輪剛史理事長=22日午後7時10分ごろ、横浜市戸塚区

 白輪理事長によると、ヘビが逃げ出した6日以降、飼い主男性の居室の屋根裏には3回確認に入ったが、見つからなかった。

 22日は隣室の屋根裏を見せてもらうことになっていたため、念のため飼い主宅も探したという。「気温も低く、逃げ出した痕跡もない。遠くに行っていないと確信していた」とかみしめる。

捕獲したアミメニシキヘビを抱える日本爬虫類両生類協会の白輪剛史理事長(本人提供)

 2人がかりで尻尾と頭をつかみ、白輪理事長が引っ張って、抱きしめるようにして捕獲した。

 「力が強いヘビなので、剝がすのに手間取ったが、大人しかった」

【もっと写真で見る:屋根裏で見つかったアミメニシキヘビなど】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ペットに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング