1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 女子高生死亡の逗子斜面崩落、責任の所在は 21日初弁論

女子高生死亡の逗子斜面崩落、責任の所在は 21日初弁論

社会 | 神奈川新聞 | 2021年5月20日(木) 18:00

 逗子市池子で昨年2月、斜面が崩落し、市内在住の県立高校3年の女子生徒=当時(18)=が死亡した事故で、生徒の両親らが斜面を所有するマンション管理組合や区分所有者などに対し、安全対策を怠って事故が起き1億1800万円の損害が生じたとして、損害賠償を求める訴訟の弁論が21日、横浜地裁で始まる。

 管理組合側は請求棄却を求める方針とみられ、双方の主張は対立しそうだ。

【下表:訴訟のポイント 遺族側、管理組合側双方の主張は?】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

崩落に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング