1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 横浜駅まで行かない横浜線(下)そもそも路線名の由来は

追う!マイ・カナガワ
横浜駅まで行かない横浜線(下)そもそも路線名の由来は

社会 | 神奈川新聞 | 2021年5月16日(日) 05:30

 東神奈川駅(横浜市神奈川区)と八王子駅(東京都八王子市)を結ぶJR横浜線はなぜ、その大半が横浜駅まで行かないのに横浜線を名乗るのか? 長年の利用者という相模原市在住の男性会社員(35)から「追う! マイ・カナガワ」に“怒り”が寄せられた。

 通勤通学で横浜方面へ向かう際、一つ手前の東神奈川駅で乗り換えの憂き目に遭った人は数多いはず。昨年末まで東京都町田市在住で、横浜線を使って関内駅(横浜市中区)まで通勤していた記者もそう思っていた。「なぜ、東神奈川行きなのに横浜線なの?」(最上 翔)


横浜駅に到着した横浜線からの直通電車(奥)。平日朝夕のラッシュ時は、ここまで来る横浜線はごくわずかだ=横浜駅

 そもそも、横浜駅を通らないのに、なぜ「横浜線」なのか。

 JR東日本横浜支社の広報担当者に「開業時の名残ですが、詳細は国鉄百年史を読んでいただければ」と言われ、図書館に向かった。

 1969~74年に全19巻が刊行された百年史によると、横浜線のルーツは八王子などで生産された生糸を横浜港へ運ぶための私鉄「横浜鉄道」で、1908(明治41)年9月に東神奈川-八王子間が開業した。

「東神奈川線」可能性は?

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

追う!マイ・カナガワに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング